初心者でも簡単!グーグルアナリティクス解析の見るべきポイント

スポンサーリンク

グーグルアナリティクス

 

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)とは、検索エンジンを運営するGoogleが提供するWEBサイト分析ツールのことです。
WEBサイト(ホームページ)やブログサイトを運営する人たちには、欠かすことのできないツールに一つです。

今回は、このグーグルアナリティクスの何を見れば、何がわかるか。について、初級編として見るべきポイントをご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

グーグルアナリティクスで見てほしい項目一覧

 

グーグルアナリティクスの情報はたくさんありますが、
初めての方やなれていない方には、何を見て良いのかわかりにくものです。

そこで、WEBサイトの日々の変化を測る練習をするために、以下の情報から見ていくことをオススメします。そうすることで徐々にデータに馴染めるようになります。

・セッション数
・ユーザー数
・平均滞在時間
・平均セッションページ
・トラフィックサマリー
・ランディングページ
・コンテンツ別セッション数
・地域
・参照元

 

スポンサーリンク

それぞれのどこを見ればいいか

 

次は、それぞれのどの部分を見れば良いか、1ずつ簡単に紹介していきます。

 

セッション数

 

セッション数とは「Webサイトへの訪問数」のことを指します。

リアル店舗に例えると、お店に人が入ってきた回数のことになります。
この場合、同じ人物が数回入店した場合も、回数は増えるのでカウントされることになります。

 

ユーザー数

 

ユーザー数とは、特定時間内にWEBサイトへ訪問してきた固有の人数を指します。

同じくリアル店舗で例えると、セッション数とは異なり、こちらはお店に入ってきた固有の人の数のことになります。

この場合、同じ人物が数回入店してきても、同一の人物と判定されカウントされません。
※同じ人でも、閲覧するブラウザが異なったり、PCやスマホ、タブレットなど端末は違った場合は、別の人と考えられるのでカウントされます。

 

平均滞在時間

 

平均滞在時間とは、サイトにユーザーがどれくらい滞在していたかを測る数値を指します。

この数値によりサイトを見てくれた人のページへの関心度などが推測できるため、サイト改善のヒントを得る上で大切なデータです。

※最後に訪問したページの滞在時間はGoogleアナリティクスが測定できないという注意点があるので気を付けましょう。

※注意
長いから良いとは限りません。見てくれた人が迷っている場合もこちらの数値が長くなる場合があるので、自身のページ情報量に似合っているか、確認をすることをオススメします。

 

 

平均セッションページ

 

平均セッションページ数とは、サイトを見てくれた人達が平均で何ページサイトの情報を閲覧したかを判断する数値を指します。

この数値が良くなければ、導線がしっかりしていないサイト、直帰率が悪いサイトの可能性が高いので、この数値を参考に導線などをしっかり意識して改善していきましょう。

 

 

トラフィックサマリー

 

サイトを見てくれた人が、どういう経路できたか、このデータで判断することができます。

 

種類は大きく分けて3つです。

organic・・・自然検索(検索エンジンから)
direct・・・URL直書き、ブックマーク、QRコード
referral・・・他のサイトからのリンク

※他にもpaidなどpaidやSocialなどがあります。

 

検索エンジン対策をうまく活用できていれば、organicが必然的に増えてくるので、そのあたりを指標に見ていくと良いでしょう。

ランディングページ

 

ランディングとは「着地」を意味し、ランディングページとはそのサイトに入るきっかけになったページが何を指します。

このランディングページはインデックス数を増やすことに対して、そのページがサイトを見てくれる人たちの興味のある記事をかけているかどうかの判断基準になります。

うまくかけていれば増えるし、的はずれな記事ばかり書いていると、増えない。といった感じ。

うまくWEB集客ができている企業サイトに共通して言えることは、このランディングページ数が多い傾向にあるということです。

【理想の動き】

ページを増やす→インデックスが増える→ランディングページが増える→アクセスが増える

 

コンテンツ別セッション数

 

コンテンツ別セッション数とは、各コンテンツ別でのセッション数値を指し、

この数値を確認することで、そのサイトの人気ページが何であるかを認識するために確認してみてください。

 

地域

 

地域とは、地域別セッションのことを指し、どの地域の人がサイトを閲覧してくれているか確認できる項目です。

地域密着で運営している企業の場合、欠かせないポイントの一つです。

 

参照元

 

参照元とは、他のサイトに貼られたリンクから、自身の運営しているサイトにアクセスした場合、どのサイトから来たかを示してくれる項目です。

 

 

以上、グーグルアナリティクスの初級編として、はじめに見てもらいたい項目のご紹介でした。

 

グーグルアナリティクスはウェブ運営には欠かせないツールです。

はじめは慣れるために紹介させてもらった項目を見ていき、自分のしている更新が反映されるかをチェックし良い報告に進んでいるのか、無駄なやり方になってしまっていないかなど確認し、確実に意味のある更新にしていただければ幸いです。

 

 

もっと掘り下げた解析のしかたについては、またの機会にご紹介しようと思います。

 

では、また。

タイトルとURLをコピーしました