Google公式SEOチェックツール「Lighthouse(ライトハウス)」

スポンサーリンク

SEOチェックツール「Lighthouse(ライトハウス)」とは

「Lighthouse」とは、運営しているサイトにおいて、きちんとSEOに関係した設定がなされているかどうかをチェック出来る、Google社公式のSEOチェックツールです。

正確には、既存の拡張機能にSEO監査項目が追加されました。

それが、「Lighthouse(ライトハウス)」というChrome拡張機能です。

ちょうど一年前くらいから、Google社が提供しております。

このツールはGoogle社が提供するブラウズ「Chrome」の拡張として利用いただけます。

なぜGoogle社の公式を推奨するのか?

筆者がGoogle社の公式を推奨するには、きちんと理由があります。

日本の検索エンジンのシェア95%以上が「Google社の検索エンジン」

SEO=検索エンジン最適化
日本の検索エンジンのシェアはGoogleが約75%、Yahooが約22%と言われております。

また、Yahoo社の検索エンジンは、2011年からGoogle社の開発している検索エンジンを利用しているため、97%がGoogle社製の検索エンジンとなる。すなわち、検索エンジン最適化の「検索エンジン」とはGoogle社の検索エンジンのことを意味します。

ということは、検索エンジンの開発元であるGoogle社が提供するツールであれば、そのアルゴリズムに沿ったSEOがなされているかの判断が的確に分析することが出来るため、信用できるツールと考えて間違いないでしょう。

※上記データは、 解析サービスを提供しているStatCounter の情報を参考にしております。( 2018年1月~2018年10月までの期間指定で計測した数値)

Lighthouseを使うと、SEOやページのパフォーマンスやアクセシビリティ、PWAの対応状況などを検証できます。

Lighthouse情報

インストールすると灯台のアイコンがChromeのツールバーに追加される(Lighthouseは下図右部赤枠にある「灯台」アイコンのこと)。

SEO機能を使用する時は、アイコンをクリックし、Optionsを選択し、項目の中の「SEO」にチェックが入っているか確認し入っていればOK。なければ選択する。

lighthouse-options
lighthouse-設定
上図項目の中の「SEO」にチェックがあればOK!
確認したい項目だけをチェックして実施しましょう。
lighthouse-Generate report
設定が完了したら、あとは「Generate report」をクリックすれば検証が開始されます。
Lighthouse 情報
検証結果はこんな感じです。

検証が始まると、自動的にブラウザが動きます。ブラウザの上部に「Lighthouse」がこのブラウザをデバッグしています。という通知が出ている間は処理中なので、何もせずに待ちましょう。

検証結果は英語表記

Lighthouseのレポートは残念ながら英語のみなので、表示される内容を簡単に解説します。

各セクションの意味

Failed Audits ―― 失格の項目
Passed Audits ―― 合格の項目
Additional items to manually check ―― Lighthouseが自動では検証できないので、手動でチェックする項目(モバイルフレンドリーや構造化データのチェッカーへのリンクが示されます)

Lighthouse SEOチェック結果

最後に

現状の機能が、検索順位にすべて大きな影響を及ぼしているのかというと、筆者的にはなんとも言い難い気もするので、現状は「参考として見てもらうツール」と考えてもらえればいいのではないか。

項目もまだまだ必要なものが不足しているし。

Google社もすべてを明らかにするわけにもいかないのだと思うので、完璧なものはこの先も期待はできない。

しかしながら、「今後も拡張・強化、それに関するガイドなどの提供も考えている」と宣言されているので、使いやすさなどの向上には期待してもいいと思う。

以上、本日はGoogleが公式で提供しているSEOチェックツール「Lighthouse(ライトハウス)」に関するお話でした。

いかがでしたでしょうか。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました