タグマネージャー導入時やワードプレスのテーマ変更後に多いGoogleアナリティクスのタグ設置ミス

皆さん、こんちにちは
最近少しずつ痩せていた筆者です(笑)
ウォーキングの成果も数値化して皆さんに発表できるようにしたいと考えております。

さて今日のブログですが、本日は私の本職「WEB運用関連」についての話をします。

内容は、タグマネージャー導入時やワードプレスのテーマ変更後に多い
Googleアナリティクスのタグ設置ミスについて


アクセス解析など運営するWEBサイトの現状を確認する際の数値に影響を及ぼす問題「アナリティクスタグ設置ミス」。
中小企業ではまだまだこういうミスが知らず知らずに起こったまま放置されていることが多く、そのヒントになればと思いまとめました。参考になれば幸いです。

では本題

スポンサーリンク

アナリティクスのタグを二重で設置に気をつけて!!

analytics

中小企業の場合、WEB運用の内製化がなかなか難しいものです。
そんな中、頼れるのはコンサルタントやWEB運用の制作会社。

しかし、彼らも専門でやっている会社にいるスタッフではあっても、経験や知識量は個人でばらつきがあり、その差もかなりある業界のため、信用仕切っていると痛い目を見ることもよくあります。

その一つが、アナリティクスのタグを二重でつけてしまい、アナリティクスの数値が全く信憑性のないものになってしまっているというケース。

リニューアルの相談出会ったりWEB診断依頼を受けて解析するなどしていると、結構気づかずその状態になったままの会社様が多いのは言うまでもなく事実です。特にこまめにリニューアルなどをしない中小企業が多いと感じております。

他にも、「アナリティクスの推移が急変した」などの相談を、お客様から受けた際に発見することが多いもので、WEB集客をしたい会社にとって肝心な「結果」の正確性を損ない兼ねない問題となりますので、気になる方は問題がないかどうかを、この機会に確認しても良いかもしれません。

ネットでこの問題について検索してもわかるように、昔から結構やってしまう人が多かったりします。

では
アナリティクスのタグを二重で設置してしまうと何が行けないのでしょうか?

Googleアナリティクスタグの設置ミスはどういう問題がおこるのか?

Googleアナリティクスの数値において、以下の症状が出る。
誤った数値を検証しても意味がないので、問題が出た場合は直ちにもとに戻しましょう。

セッション数・・・影響しない
ユーザー数・・・影響しない
ページビュー・・・・本来の数字の2倍になる
ページ/セッション・・・本来の数字の2倍になる
平均セッション時間・・・影響しない
直帰率・・・低すぎる
新規セッション率・・・影響しない

ミスに至ってしまった、よくある経緯

筆者がコンサルティングや相談で伺った会社では、以下の経緯に出くわすケースが多いです。

・会社がWEBコンサルティングと契約。コンサルの指示で指定されたページにタグを導入した。

・PPC広告などWEB広告を始め出した際に、タグマネージャーを導入した。

・WordPressを使用しており、テーマを変更した。

・WEBサイトの内部改善のためにシステムを変更した。

・最近、ALL IN ONE SEO PACKを導入した。
など

Googleアナリティクスの設置ミス 主な理由

いろいろ理由はありますが、一番多い理由は、人的ミス。
直にソースに書き込む場合や、プラグインで設定するなど設置方法があることを理解せず行動した際に問題が発生しているようです。

「知らない」から「気がつく」こともできません。
これはどんなことでも同じです。

新たにサイトに手を加えた際に、現在の仕様の把握や、用途に応じてどう対応すれば良いかなどの知識を細かく収集しておらずあるいは、設置の指示をした者(多くは外注コンサルタント)が現状の把握を怠っていたため、対応前の設置状況に気づけず、指示された者が「設置する」行為のみ遂行され2重になっていること自体に気づかず。なんてケースを原因調査を依頼された際によく目にします。

実例1)
WEB担当者がコンサルタントに言われた指示を遂行するため、WEB制作会社に依頼。
しかし、担当者は言われただけで、意味も仕様も当然理解していないため、依頼されたWEB制作会社も「設置する」ことが仕事になり、問題が発生するケースが多い。

※この場合、コンサルタントがまともであれば確認時で気づくが、そうでない場合は問題が発生した後に気づくなど、すこし大事に発展する場合もあるので要注意。

実例2)
WEB担当者が自分で設置。しかし現状サイトのシステムに疎く、プラグインなどで設定していることに気づかず指定されたページに直書きしてしまった。

※このケースはWEB担当として中途採用された、「自称WEBに詳しい」人に多い。
トゲのある書き方をしますが、こういう方は、WEB運用にとってすごく迷惑な人だったりするので、経営者は注意したほうが良いです。自己顕示欲で行動される方が多く、荒らすだけ荒らしてやめるパターンが多い。

Googleアナリティクスタグ設置ミスを確認するツール

確認方法として、ソースをそのまま確認するのも手ですが、プラグインなどが関わっていると発見し辛かったりします。

そんな時は、「Tag Assistant」
Googleさんが専用のツールを用意してくれてます。
使い方も簡単です。

Tag Assistantは、Google chromeのアドオン(拡張機能)で
このアドオンをGoogle chromeに拡張して、実際に重複されているか調べるだけです。

Tag Assistant Legacy (by Google)
Tag Assistant helps to troubleshoot installation of various Google tags including Google Analytics, Google Tag Manager and more.

このアドオンは、重複だけでなく、タグが正常に機能しているかなども確認できます。
アナリティクスだけでなく、googleの発行するタグ(アドワーズのコンバージョンタグなど)も調べる事ができます。

このアドオンの使用方法については、ネットで情報が沢山あるので、割愛させていただきます。
ご要望があれば、書こうと思います。
その際は、遠慮なく問い合わせください。

本日はここまで。
では、また。

タイトルとURLをコピーしました