意外と知らない!?SEOの4つのポイント!

スポンサーリンク

SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化の略称です。
SEOは、運営しているサイトの情報を検索結果の一番上に表示させる事が可能にしてくれます。
WEBサイトは、ただ作成しただけでは人に見てもらいにくく、最悪の場合全く見てもらえないことも。。。。
自分の書いた情報を人に見てもらうためには、検索結果のできるだけ上に表示させるなど、検索エンジンに見つけてもらい易くしなければいけません。
つまり、SEOとはサイトを運営する上で、絶対に必要な対策なのです。

「内部的対策」と「外部的対策」

SEOには大きく分けて2つの対策が存在します。
それは「内部的対策」と「外部的対策」です。
内部的対策とは、
普段からブログなど記事を書く人が対応できる対策の事を指し、
外部的対策とは、
被リンクなど外部のサイトなどに協力をしてもらうことで行える対策を指します。
今回は、すぐにでもSEOの対策対応が行える内部的対策においての、簡単かつ基礎的な4つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEO内部的対策の4つポイント

内部的対策は以下の4つです。
タイトルを最適化する。
・Description(スニペット)を最適化する。
・キーワード率を最適化する
・インデックス数を増やしていく。

これらを適切にし、対応していくことで、検索エンジンへ適切にアピールをしていきます。
しかし、上記の内容だけでは、実際に何をすればいいか分かりづらいので、具体的にどの様にするかを下記にて解説していきます。

タイトルを最適化する。

タイトルとは、それぞれのページに存在し、そのページたちの名前を表す場所を指します。
そのタイトルに、何を入れればいいか。。。そう、一番言いたい事(主語)を入れていきましょう。
検索結果タイトル
文字数は32文字まで。それぞれ固有(バラバラ)のタイトルをつけていきましょう。
キーワードとしては、4つ~6つくらいを使用して構成してみましょう。

企業の方だと、仕事内容+具体的な詳細+地域 などが良いです。
地域密着でされている会社なら、「どこ」で「なに」を「どうこう」し「こうゆう風に」しました。
「」の中に合うキーワードを入れてみる、という感じでつけてみましょう。

スポンサーリンク

ディスクリプション(スニペット)を最適化する。

ディスクリプション(スニペット)とは、検索結果のタイトル部分の下に表示される、
そのページの要約文のを指します。
「このページはこういう事を書いているからぜひ見てね!」という風に、人を呼び込む(クリックしてもらう)ためにしっかりと活用しましょう。
検索結果ディスクリプション(スニペット)
こちらもタイトルと同様に、固有のものを設定しましょう。
文字数は100文字~250文字くらいが理想です。
あまり短いものは記事の内容が伝わり辛くなり、
クリックされにくくなりますの注意してください。面倒で適当にされがちですが、非常に重要ポイントです。

キーワード率を最適化する

キーワード率とは、1ページの中に使用されているテキストの含有率のことを指し、ページ内で使用している言葉の中で言いたいワードが上位に来ているかを確認し、重要ワードになるように図ることで最適化させることが可能です。

今や都市伝説とすら言われるキーワード率。
しかし、今でも効果は見られます。
そのページで一番紹介したいことについて話す場合、主語としてそのワードが多く利用されるのはごく自然なことです。

キーワード率

例えば私が「SEO」について講義をする場合、

今から「SEO」について、皆さんにお話しいたします。
「SEO」とは検索エンジン最適化の略称で、この「SEO」をうまく活用すると検索結果で上位表示させることができ
多くの人にそのページを見てもらえることにつながります。ていただきます。

では、「SEO」とはどのようなことをするものか、今からご紹介させ
この短い会話においても「SEO」が多く使用されるのがわかりますよね?
これが本来は自然なのです。
※含有率ばかり意識して、文章が不自然になるものはペナルティを受ける要因にもなりかねません。
あくまでも自然な文章を心掛けること。このことを忘れないでください。

 

スポンサーリンク

インデックス数(ページ数)を増やしていく。

インデックスとは、平たく言うと検索エンジンがWEBページを認識し、情報を格納することを指します。
インデックスされることにより、その情報が検索エンジンに紹介されるようになります。
兎にも角にも情報量!インデックスを制する者は、情報を制す!
とはいえ、専門性に優れたページの方が評価されやすい傾向があるので、企業ページなどであれば趣味ブログで情報を増やすより、その仕事に特化した内容を展開する方がSEOの部分では有効になります。

少し長くなりましたが、以上です。
一つ一つを細分化して話すと、もっといろいろなことがありますが、それはまたの機会にご紹介したいと思います。
では、また。

タイトルとURLをコピーしました