URL検査ツール (Google Search Console)

本日は、新バージョンのSearch Console機能の一つ、URL検査ツールについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

URL検査ツールとは

「URL検査ツール」とは、簡単に言えば「WEBサイトがGoogle(検索エンジン)の中で、どう認識されているか」を調べることのできるツールの名称です。

昨年から実施されている新バージョンのSearch Consoleに搭載された機能の一つです。

この機能は、特定のURLを入力することで、サイトの各ページが問題なくクロールされているかどうかの確認や、インデックス登録のエラーの有無の確認Googleに認識されている正規のURLなどを調べることが可能となります。

旧バージョンでは当たり前に利用していた「Fetch as Google」も、新バージョンではその名前こそ無くなりますが、機能はしっかりと「URL検察ツール」が引き継いでおります。

URL検査ツールの表示方法

URL検査ツール

上記の赤枠にある「URL検査」を選択
すると下記の様に検査したいURLを入力する箇所が表示されますので、そこに検査したいURLを入力して、検査開始。

URL検査ツールを使用する流れの図

問題なくインデックスされているようであれば上記のような表示になります。

インデックスされていない場合

インデックスされていなければ、下記のように「URL が Google に登録されていません 」と表示されます。
そのほかにも、サイトマップや参照元ページなど、いろいろな情報に対してのステータスが表示されます。

indexされていない時のURL検査ツールの表示

Fetch as Googleと同じ対応を実施する方法

新バージョンではFetch as Googleという名の機能はなくなりますが、その同様の対応をURL検査ツール実施することが可能です。

手順は、まずURL検査を実施、その後「 URL が Google に登録されていません 」と表示されますが、その右下に「インデックス登録をリクエスト」というリンクがあるので、そちらを選択すればOK!あとは、待つだけ。

他にもこんな表示もあります。

少し実験をしたところこんな表示もありましたので、参考に記載しておきます。

AMPの設定が問題のよう

indexはされているがエラーが表示されている場合(URL検査ツール)

上記は、AMPで警告が出ているため、問題があると表示されているようです。

実際にgoogleのSearch Consoleヘルプではこのような解説がなされています。


以下、Search Consoleヘルプ引用

URL は Google に登録されていますが問題があります
表示の意味: URL はインデックスに登録されており、Google 検索結果に表示される可能性があります。ただし、ページに適用している拡張機能に問題があるため、検索結果に拡張機能が反映されない可能性もあります。これには、関連付けられた AMP ページに問題がある場合や、ページ上のリッチリザルト用構造化データ(レシピ、求人情報など)の形式が不適切な場合などがあります。

必要なアクション: 表示されている警告やエラーの情報を読んで、記載されている問題を解決してください。

noindexタグによるエラーなども

問題点やインデックスの有無など、 各URL毎に まとめて確認出来るので大変便利な機能です。

インデックスカバレッジからでも、URL検査は可能です。

URL検査は、サイドメニューの「URL検査」からだけ利用できるだけでなく、インデックスカバレッジなど他の確認の際にも流れで確認することが可能です。

インデックスカバレッジからもURL検査は可能

旧バージョンSearch Consoleは、それぞれを専用のページにて確認しなければいけなかったのですが、新バージョンは1つ項目から始めても、いろいろな検証を合わせて実施することが可能なつくりになっているので、大変便利な印象を受けました。

ということで、機能の触りの部分だけですが、ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。これからは、新バージョンSearch Consoleに慣れないといけません。
まだ、よくわかっていない。と思われている方の参考になれば幸いです。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました